2015年12月16日

アン、正式譲渡になりました

ご報告が遅くなりましたが、11月17日にアンは正式譲渡となりました。

アン改め『シアン』として豊橋市にお住まいのO様に迎えられ、1ヶ月のトライアルののち、正式譲渡契約の為ご訪問したところ、我が家では見られなかったはつらつとした様子で出迎えてくれました。

P_20151028_084555.jpg

里親様にも譲渡の日にお話ししましたが、正直なところトライアルは2〜3回程失敗して返されるだろうという覚悟がありました。

破壊行為と寂しくなった時の鳴き声がネックだったからです。


人見知りもありビビりでしたが、里親様は根気よく向き合ってくださり、お嬢様はシアンのサークルに入り敵意は無い事を伝えてくださいました。


IMG_20151216_005648.jpg


IMG_20151216_005306.jpg


交ざった犬種の特徴から、今まで過ごした環境から見ても決して飼いやすい犬ではありません。

だからこそ返される覚悟をしていました。


『家の子です』と言っていただけた時は、私を含め関わった仲間も大変驚きました。
アン改めシアンを迎えてくださいましたO様、ありがとうございました!
これからも宜しくお願い致します。


P_20151108_182408.jpg

ピンクのレインコート、可愛い(^0^)

ニックネーム 雷嵐 at 01:31| Comment(0) | 幸せ便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月13日

睡眠妨害に御用心

アン

アン


朝、私の部屋に侵入してきたアンに寝込みを襲われました(* ̄∇ ̄*)

あんまりしつこいので、上顎を掴んでお仕置きです。


アン


まだまだお子ちゃまなので、これから甘噛みがでてくるかも・・・

ニックネーム 雷嵐 at 00:08| Comment(0) | 犬の保護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月07日

実は

20150710232531.jpg

7月からこんなのを飼っていたりします。


ゴキ○リじゃないですよ(^^;)
れっきとした、コクワガタのメスです。

最初見つけた時はそれに見えました。
だっていきなり飛んできて、頭に当たり、張り付くんです!
テレビに!


住んでいる所は確かに森や小さな山が近くにありますが、結構な住宅地です。
街路樹の緑の方が目立つ地域です。


それなのに家の中で突如現れた・・・
ヤツと一瞬間違うわけです。


ラッキーと思ってそのまま飼っています(笑)
欲を言えば、メスよりオスの方が良かったなぁ〜
ニックネーム 雷嵐 at 17:37| Comment(0) | 雷嵐日記(のようなもの) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月03日

いい顔になってきました

F1010996.jpgF1010989.jpgF1010993.jpg


我が家に来てから1週間、無表情だったアンも段々と表情が出てきました。

それと時を同じく、段々と若犬らしさも出てきました(--;)
動き方はワイマラナー、バネのように跳ねて走る姿はボルゾイのようです。

広い場所ではピョンピョン跳ねながら、教育係の愛犬『カノン』を遊びに誘いますが、散歩中ジェントルリーダー(散歩用の口輪)を着けているカノンは無視。

伸縮リードを使い一人で走って貰ってます。


右前足が人間でいう手首の所で外側へ『く』の時に曲がっていますが、これは成長期の栄養(ビタミン等)と運動が不足した為に起こるとのことです。
左前足と股関節も気持ち外側へ広がっています。


右前足のみ広がり方が大きいので、過去に怪我(骨折や脱臼)をした可能性もありますがレントゲン写真を撮らなければ診断出来ません。
撮ったとしても本人(犬)に痛みが無いので特に治療する必要は無く、現在はレントゲン写真撮影は考えていません。



クォーターですが同じ犬種が入っているだけあり、マヌケ顔がカノンと同じで笑えます(^^;)
ニックネーム 雷嵐 at 02:25| Comment(0) | 犬の保護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月27日

アンちゃん

20150927085425.jpg


チェーンチョークを使って散歩中。

もう何かにビビった時以外は引っ張りませんし、早足でもゆっくりでも横に付いて歩けます。

現在、信号待ちはお座りするよう訓練中です。
ニックネーム 雷嵐 at 15:08| Comment(0) | 犬の保護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月25日

新入りでーす(・∀・)

K0120035.jpg


えーっと、大型犬MIXの女の子で仮名は『アン』ちゃん、1歳半です。


父犬はボルゾイ×サルーキ、母犬は純ワイマラナーのクォーターです。

愛ママとよっしーさん経由で訓練預かりする事になりました。



保護に至った経緯はザックリ言えば未避妊のオスメスを同じ空間で飼い、増えボランティアが介入する事になったもの。





まだまだ猫を被っており、人見知りもあるので何とも言えませんが、1歳半、8ヶ月、4ヶ月の弟妹の中で順位が上の方にいたという事は分かっています。


性格は、まだ本質が分かりませんがビビりで人見知り、人間に対しての攻撃性は無い事、分離不安と若い事もあり多少(?)破壊行為があるようです(^^;;

まぁ、レトリバーなどの若い大型犬飼育の経験があれば、可愛らしい破壊行為です。



散歩中、行き交う車や人が怖くて引っ張る事もありますが、きちんとリーダーシップが取れればこちらの様子を伺いながら上手に歩きます。



見た目の大きさと頭蓋骨の形と毛質はサルーキ譲り、お尻のもっちり感と骨太な所はワイマラナー、ボルゾイ要素はほぼ無し。

毛の色は兄弟全員真っ黒ですが、アンを見る限りワイマラナー譲りだと思います。
『ワイマラナー』という犬種を作り出す時に交配させた犬種の遺伝子が原因では??
※父犬は薄茶色で黄ラブラドールの色です。



弟妹の順位が上位だった為しっかり餌を食べており、少しポッチャリ気味で23kgあります。
理想体重は19〜21kgくらいだと思います。(筋肉質になれば21kgくらいかな?)

大型犬としては小さめですが、臆病である事と混ざっているどの犬種も初心者には不向きな種類なので、大型犬飼育の経験がある方がいいかと思います。

また、ワイマラナーもサルーキも耐寒性が著しく低い為、室内飼育が理想。
黒いので夏場の屋外は危険です。

我が家にいるのは10月半ば頃までを予定しています。
それまでに社会性を身に付ける為に訓練します。

どこまで慣れるかわかりませんが、里親様を絶賛募集中です(=゜ω゜)ノ
ニックネーム 雷嵐 at 01:02| Comment(0) | 犬の保護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月28日

片目犬追加〜

20150825005505.jpg

今年10歳になった愛犬、中型雑種の凪が遂に片目になりました。


緑内障と水晶体脱臼で左目に視力が無く、眼圧が高くなっていた事から痛みが強かったようで、いつも近付く他の犬に威嚇していました。

点眼薬での治療(進行を遅らせる治療)に限界があり、10歳という事もあり摘出手術に踏み切りました。

痛みが無くなり、穏やかな性格に戻った凪。
もう少しでエリザベスカラーともおさらばです。


手術代は高いですが、丁度アメリカ赴任中の兄貴のボーナスが入りましたので、私の懐は痛くありません(笑)

兄貴、ご苦労様です(≧∀≦)
ニックネーム 雷嵐 at 00:55| Comment(0) | 雷嵐日記(のようなもの) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月17日

カノンの病気

愛犬カノン(ワイマラナー♂、推定10歳半)に、歩行障害が出始めました。


先月中旬、いつものようにカノンを連れて1ヶ月分の医療費を支払いに動物病院へ行った時は、ちょっと歩き方がヨロっとしてきて『高齢犬』って感じだねと言われました。
※月に何度も通い、院長自ら医療費はツケでいいと言っている為。

その後、日ごとに足のフラつきが増し、6月末には支えなければ立てない状態に・・・
頭はしっかりしていて、本人は何故立てないのか理解出来ず『???』と困った顔をしていました。

まるで氷の上に放り出したように、足に力を入れても前後や横へ足が広がり、ツルンッとひっくり返る状態。



症状を伝え、色々と検査をする事に。

まずは高齢の大型犬という事で心臓の検査から。
血液を多めに採って、心臓の細かい検査を外へ依頼。
そして心電図検査。
病院大好き、スタッフ大好き、診察台大好きな犬なので大人しく診察台に寝ています。
が、他のスタッフの姿が見える度に『ピー!!』と鼻を鳴らし、短い尻尾をブンブン振るので、心電図は乱れまくり( ̄  ̄;)
途中、くしゃみをして診察台に鼻を強打し、スタッフの爆笑を誘う技も披露・・・
何とか心電図検査を終えましたが、心臓は丈夫だと判明。


次はレントゲン室へ移動ですが、院長とスタッフに呼ばれ、ルンルン気分で入っていき、全身のレントゲン撮影を3回に分けて撮影。
頭部・胸部・腰部と撮影するのに院長とスタッフに押さえられて超ご機嫌・・・

この日、中学生の職場体験があり、中学生の男の子が3人いましたが、しっかり心(笑い)を掴みました。

撮影後、病院が混み始めたのでレントゲン写真のチェックは午後に回して貰い、帰宅しました。




後日、外注した血液検査の結果とレントゲン写真を診た結果、厄介な骨の病気である事が判明しました。
(心臓を始め、内臓疾患は無いそうです)

診断は『ウォブラー症候群』の疑いが非常に強いというもの。
肩に近い脊椎に変形(出っ張り)があり、脊髄の通り道が細くなってしまい、神経伝達に支障が出ているとの事。
進行性の慢性疾患なので、完全に起き上がれなくなったり、首より下の麻痺も起きてくるそうです。
ドーベルマンに多い疾患らしく、骨格が似てるワイマラナーでも発症事例があるそうです。

確定診断には全身麻酔を使い、脊髄に造影剤を入れレントゲン撮影する事だそうですが、町医者では診断までしか出来ず、治療は高度医療が出来る所での外科手術。
乗用車を新車で買えるくらい掛かるらしい・・・( ̄д ̄)


町医者で出来る治療だけを行い、症状の改善と進行抑止をしていく事になりました。

抗生物質と鎮痛、改善が弱ければステロイドで炎症を抑える治療です。


2週間続け、少量のステロイドも入れたら症状が改善してきました。
立ち上がれず、支えながら移動していましたが、滑りにくいマットの上なら自力で立ち上がり、排泄中のフラつきも無くなりました。
今はマットの上以外でもスッと立ち上がり、60cmのフェンスを飛び越えるまでに回復。(出来れば飛び越えられなくていい)


週明けからは薬を止めて、薬の影響がいつまで続くかをチェックするそうです。


取りあえず一安心。




お財布は完全に安心できません・・・
今は7月・・・
世間様はボーナスの時期ですねぇ( ̄ω ̄)

お兄様ぁ〜!!(アメリカ赴任中)



で、今までの検査&治療費ゲットしました〜♪

大好きですよ、お兄様(棒読み)


後は様子を見ながらの投薬治療と、鞭打ちの時に首に付けるようなコルセットを付け、脊髄への刺激を抑える事だそうです。
大型犬用のコルセットは在庫が無いので、現在は材料の納品待ち。

コルセット装着したら、今よりも笑いをとれそうな予感・・・


後何年生きてくれるか分かりませんが、病気と付き合っていく事になりそうです。
ニックネーム 雷嵐 at 05:38| Comment(2) | 雷嵐日記(のようなもの) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月29日

仮名は『リオ』

F1010946.jpgF1010948.jpgF1010944.jpgF1010947.jpg


毎度お馴染み、保護日の誕生花より命名。

保護した5月24日の誕生花はヘリオトロープなので、そこから『リオ』と取りました。


まだ保護から5日目ですが、既に人間にはゴロゴロ言っており、大型犬であるカノンがチョッカイを出しても反応無しという大物振り。


検便でコクシジウムが見付かった事と、環境の変化や野良時代とは餌が違う事が原因と思われる下痢が続いているので、もう暫く様子見が必要です。


新しい家族を募集しています。
ニックネーム 雷嵐 at 14:02| Comment(0) | 猫の保護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月26日

入っちゃった(・∀・)

20150524005310.jpg

少し前から職場裏に現れた野良子猫。

餌場の野良猫に喧嘩を売り、追いかけられてました。


取り敢えず捕獲器を置いたらすぐに入り、多少威嚇はしますが触れるので里親様を募集します。


ガリガリで見た目は小さいですが、恐らく生後3ヶ月後半〜4ヶ月頃です。
腹部にグレーの縞が見えますが、成長と共に薄くなるか消え、真っ黒猫になると思います。
性別はオス。


まだ泥汚れなどがありますので、シャンプー後に写真を撮ろうと思います。
ニックネーム 雷嵐 at 00:12| Comment(0) | 猫の保護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする