2012年07月24日

大アサリ改め、『ウニ』君

F1001981.jpg


左がアサリ君(ミシシッピアカミミガメ♀)

右が大アサリこと、ウニ君(ミシシッピアカミミガメ♀)

ウニの上がアサリを拾った時のサイズ(500円玉くらい)と同じ、リアル亀ストラップ(ミシシッピアカミミガメ)です。


アサリは今年で3歳。

ウニは推定10歳以上です。



こんなに大きくなる種類のカメですから、ペットショップで見かける小さな『ミドリガメ』を安易に飼わないでくださいね。

ニックネーム 雷嵐 at 09:27| Comment(0) | その他の保護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月14日

かめ、カメ、亀・・・?!

昨日の夕方、仕事へ行く前に見たニュースで『野生化し爆発的繁殖をしているカミツキガメの捕獲』のお話し。

1日で21匹も捕獲されたとか・・・

あんな凶暴なカメを安易に放す人のせいで、本来日本の野生下にいないカメが悪者扱いをされる。
カメが気の毒です。



とニュースでシンミリしたまま仕事に行こうとしたら、目の前にいらっしゃるじゃーありませんかッΣ( ̄□ ̄)

職場前の駐車場にデッカイ1匹のカメさんが・・・・・

20120713174329.jpg

カメさん煎餅が出来上がる前に拾って、取り敢えずバケツに入れてお外に放置。

F1001976.jpg

仕事が終わってから再び拾って帰宅しました。

甲羅に何ヶ所も傷のある、年季の入ったデカシッピ・・・もとい、『ミシシッピアカミミガメ』のメスです。
以前拾ったカメよりもデカく、甲長約30cm、体重2.5kgくらいありそう・・・
10数年以上生きていると思います。

産卵の為に川から上がってきたのかな?


入れる所がないのでアサリ君(同じくミシシッピアカミミガメのメス3歳)を追い出し、大アサリ君(仮称)を入れときました。

元祖アサリ君(?)は冬眠用の小さい水槽へ。
水槽が小さくなって少々ご機嫌斜めなのか、やたら暴れてますが無視。



さぁ、この大アサリはどうしようか?

デカガメ好きの私はこのまま飼いたいけど・・・・・
ニックネーム 雷嵐 at 15:17| Comment(0) | その他の保護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月01日

何でそんなのを拾うかなッ??

毎度毎度、弟は『何で?』と言いたくなるものを拾ってきます。

3年前は町内清掃時に溝の中から、生後1ヶ月程度のアカミミガメ(ミドリガメ)を拾ってきました。
(中学生時代にはコウモリを拾ってきた・・・)


で今日、GWで連休中の弟がコンビニ帰りに、何とスズメの成鳥を拾ってきました。

本人曰く、落ちてた、と・・・・・


よく見ると片足に全く力が入っておらず、飛べるけどすぐ落ちる状態。

兎に角、いつもお世話になっている動物病院へ直行です。
※冬場の野鳥保護は、鳥インフルエンザ感染が疑われる為、必ず病院に連絡してから指示に従い受診する事が必要です。
※鳥を含む野生動物の診察・治療は、市等の指定獣医師のみが行える事です。近所に指定獣医師がいない場合は、役所へ問い合わせてください。




院長に苦笑されつつ診察した結果、足は折れておらず、ビタミン欠乏が原因との事でした。

取り敢えず1週間ビタミン剤を投与し、再受診後、放鳥可能か確認する事になりました。

身近な鳥であるスズメでも、あくまで『野生動物』ですので、ペットとして飼う事はできません。
元気になったら野生へ返す義務があります。


それと、知らない人が結構いるんですが、スズメって生息数が激減しているんです。

町中、都会でもよく見かけたスズメも、数羽ずつの小さな群しか見かけません。
本来かなりの数で群を成す鳥です。

日本家屋だと瓦の隙間に巣を作る事がよくありますが、今はそんな瓦屋根は滅多に見かけません。

カラスに追われて餌場を失い、営巣できる場所も減り・・・



保護したスズメが無事に空へ帰れるよう、頑張ってビタミン剤飲ませま〜す。

取り敢えず『焼き鳥』と命名(笑)


鳥猟犬であるワイマラナー種のカノン♂が、完全にスイッチON!で『焼き鳥』に釘付けなので、両親の職場にご移動願いました。
ニックネーム 雷嵐 at 12:42| Comment(0) | その他の保護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月19日

拾っちゃった・・・

F1001716.jpg

体長6〜7cmくらいのオオクワガタですッ(゜Д゜)

拾った場所は、家の前、ドアを開けた目の前・・・・・

この雨の中、どこからか逃げてきたようですが、ご近所には該当無し。


う〜ん・・・・・


いくらするんだろー(・∀・)
ニックネーム 雷嵐 at 17:44| Comment(0) | その他の保護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月21日

星になりました(月に帰りました?)

長くブログを放置しており、いつもご覧くださいます皆様に深くお詫び申し上げます。

連日続いた猛暑が和らぎ始めた頃から、我が家で一番高齢の犬ハッピー(ポメラニアン♂13歳)が体調を崩し、介護と病院通いの日が続きました。

?????[???n?b?s?[.jpg

この写真はまだ若かった頃のもので、3〜4年前からホルモンバランスの変化により毛は全て抜け、無毛犬になっていました。


本来なら、生後4ヶ月頃に亡くなっていたはずの命※、獣医師の懸命な治療により13年間生きることが出来ました。

※事故により頭部・背中を強打し生死の境を彷徨いました。
片目失明、難聴、脊椎の歪み、腎・肝機能障害という後遺症が残ったものの、見た目は健康な犬と変りありませんでした。


Happy


あれから13年、たった2.5kgという小さな体で我が家のボスに君臨していたハッピー。

最期の10日くらいは寝たきりになり、食事もあまり摂らない状態が続き、10月30日夕方、私が仕事に行く前に息を引き取りました。



そして月に帰ったのはこちらの方。

プー


ホーランド・ロップという種類のウサギで、プーちゃんです。


プーは私が中学生の時、『大きくなったから』という理由で捨てられたと「言われた」ウサギでした。

なぜ「言われた」かというと、数年後に知り合った方から、有名な自称ブリーダーが近くにいて、売れ残りや見た目が悪いウサギは全てとある人物に遺棄している。(その人物は分かっていて引き取り、転売しているとも言われていました。)

ブリーダーは死亡したウサギの血統書を別のウサギにつけている・・・と言う噂もありました。


以上の経緯により、正確な年齢はわかりませんが、11月24日の早朝、恐らく8歳以上というウサギとしてはご長寿で眠りに付きました。




相次いで大切な家族を失い、気持ちの整理が付く頃には仕事が忙しくなり、ブログを疎かに致しました事を深くお詫び申し上げます。


これからもどうぞ宜しくお願い申し上げます。
ニックネーム 雷嵐 at 14:47| Comment(0) | その他の保護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする