2017年06月03日

子猫が来ます

数日前、従姉妹から突然電話が・・・

『スーパーで買い物してたら車から子猫の声がする!!』

どこかで聞いたことある台詞・・・


悪戦苦闘の末ボンネットの中から子猫を引っ張り出し、数日の間は一緒に格闘してくれたスーパーの方が預かっていたとか。

従姉妹は農家へ嫁に行き、子供が生まれたばかり。
結局、行き先が決まらず我が家に連絡が入りました。



性別、月齢、色など不明で医療チェックもこれからです。
ボンネットへ潜り込めるなら生後1ヶ月半以降なのは間違いなく、野良猫だとすると2〜3ヶ月頃な予想。



検疫、駆虫、医療措置後、人馴れ犬馴れさせたら里親募集を始めようと思います。

ニックネーム 雷嵐 at 02:06| Comment(0) | 猫の保護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月23日

子猫きたぁぁぁぁ〜

160823_000444.jpg160823_000506.jpg160823_000408.jpg160823_000630.jpg160818_051728.jpg

先週、お盆まったただ中の日の夜、後輩ちゃんから緊急連絡が・・・


『友達が子猫拾っちゃいましたぁ〜

助けてくださ〜い( ̄▽ ̄)』


マジですかΣ(◎д◎)


飲食店勤務でかきいれ時なお盆、休みないのに・・・
しかも乳飲み子・・・

まぁ目が開いてるし、歯が生えかけてるから生後2週間くらいかぁ〜



拾った本人に話しを聞くと、仕事中に車で来たお客さんのボンネットから子猫の声がし、開けてみたらいたそうな・・・Σ( ̄д ̄)
炎天下、よく無事だったなぁ。
よくエンジン回りに巻き込まれなかったなぁ。

で、そのお客さんに聞いてみたら、確か自宅を出る時に親らしき猫が車の下から出て来た・・・と。

どうやら巣の移動で捨てられた弱い個体ではなく、隠していた巣が移動してしまっただけのようです。

その証拠に拾った時からお腹はプクプク、噛む力も結構あります。


拾った本人は既に元野良の猫を2匹飼っていて、『相性さえ合えば2匹も3匹も一緒。少し消耗品を買う量が増えるだけ。』と飼うつもりでいますが、ご本人の子供を授乳中で子猫の世話まで手が回らないとの事。
離乳食が終わるまで預かる事となりました。

ただ、大切にしてくれる人がいれば譲渡したいとも言っていますので、取り敢えず里親様を募集しています。



8月上旬頃の生まれで、現在生後3週間頃の三毛猫です。
ミルクの後にはカノンがオモチャにしていますので、どこを触っても平気な犬っぽい猫に育つ予定。
※まだ性格は確立していません。

チビチビ猫の里親様を募集しています。
ニックネーム 雷嵐 at 01:58| Comment(0) | 猫の保護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月29日

仮名は『リオ』

F1010946.jpgF1010948.jpgF1010944.jpgF1010947.jpg


毎度お馴染み、保護日の誕生花より命名。

保護した5月24日の誕生花はヘリオトロープなので、そこから『リオ』と取りました。


まだ保護から5日目ですが、既に人間にはゴロゴロ言っており、大型犬であるカノンがチョッカイを出しても反応無しという大物振り。


検便でコクシジウムが見付かった事と、環境の変化や野良時代とは餌が違う事が原因と思われる下痢が続いているので、もう暫く様子見が必要です。


新しい家族を募集しています。
ニックネーム 雷嵐 at 14:02| Comment(0) | 猫の保護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月26日

入っちゃった(・∀・)

20150524005310.jpg

少し前から職場裏に現れた野良子猫。

餌場の野良猫に喧嘩を売り、追いかけられてました。


取り敢えず捕獲器を置いたらすぐに入り、多少威嚇はしますが触れるので里親様を募集します。


ガリガリで見た目は小さいですが、恐らく生後3ヶ月後半〜4ヶ月頃です。
腹部にグレーの縞が見えますが、成長と共に薄くなるか消え、真っ黒猫になると思います。
性別はオス。


まだ泥汚れなどがありますので、シャンプー後に写真を撮ろうと思います。
ニックネーム 雷嵐 at 00:12| Comment(0) | 猫の保護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月13日

また連れて来たのッ!?

20130712232700.jpg20130712233116.jpg


またまたTNRした三毛猫『ママ』が猫を連れて来ました。

今度はちっこい子猫ッΣ( ̄□ ̄)!

どこで拾ってきたの?!



『ママ』は避妊手術をし野良に戻したので、当然子供を産みません。

近くに親も兄弟もいない為、親とはぐれた子を拉致してきたのでしょうが、こちらに目配せをしたかと思うと、さっさと寝に行ってしまいました。



フーシャー言って触れない為、原始的な罠で捕獲しました。

犬用ケージの扉に紐を付け、中に餌を置いて、猫が入ったら紐を引いて閉じこめる、実に原始的な方法。
体重が軽い子猫には、板を踏んで扉が自動で閉まる罠では、軽すぎて閉まらない事が多く、原始的な人力が一番確実です(笑)

この近辺の猫は既に一度捕獲しており、まず罠に掛かりません。
罠に入るのは未捕獲の猫と家の犬です(汗)
↑過去に中の餌を横取り使用とした愛犬のヨークシャー・テリアが掛かりました(笑)


取り敢えず一晩ケージの扉を開けたままにし、中に缶詰を沢山入れて警戒心を緩めたら、翌日捕獲を結構。

で、つい3時間程前に捕獲されました。


キジトラ、生後1ヶ月強くらいの多分メス、体重500〜600gくらい。
フロントラインつけて、今は風呂場に隔離中です。


人馴れしたら里親募集を開始します。
ニックネーム 雷嵐 at 02:32| Comment(0) | 猫の保護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする