2013年10月23日

星になりました(月に帰りました)

20130523011626.jpg

F1010551.jpg


今年の夏、早朝に両足を複雑骨折し、両後ろ足がギプス付きだったミニウサギの凛(リン)君。

10歳6ヶ月というウサギではかなりの長生きの末、本日昼前に息を引き取りました。


2日前まで蜂蜜を使った甘〜いウサギ用のおやつを、本当に年寄りか?という量と勢いで食べ尽くし、多分満足してくれると思います。


運良く?数日前にベッド用にとダンボールをいくつか持ってきて、私が珍しく連休で、今週は兄貴が夜勤の為、昼は在宅しているという好条件の時に月へ帰りました。


プー、朱璃(シュリ)、鈴の3ウサギも先に月で待ってます。

先程、ギプスを外し生まれて初めてシャンプーをして綺麗になりました。
凛、もう動きにくくないね。
ゆっくり休んでね。

明日、火葬場へ連れて行きます。

image/2013-10-26T14:23:07-1.jpg

ニックネーム 雷嵐 at 19:38| Comment(0) | その他の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月23日

ウサウサ凛くん

20130523011626.jpg


我が家の長寿組、ミニウサギの男の子『凛(リン)』君。
何と今年4月で10歳の誕生日を迎えました〜☆

※ミニウサギとは、成体で体重が1〜3kgの比較的小型の『雑種ウサギ』を総称した呼び方で、知らずに飼うととんでもなく大きくなる事もあります。
※ウサギの寿命は5〜10年と言われ、7〜8年生きれば長生きとも言われます。


一緒に飼っていた兄弟ウサギの『鈴(スズ)』は昨年に9歳2ヶ月で亡くなり、
ホーランド・ロップの『プー♀』は推定8歳で亡くなり、
ホーランド・ロップとミニウサギの雑種だった『朱璃(シュリ)♂』は6歳で亡くなりました。(←我が家で生まれた訳ではありません)


獣医師もビックリなご長寿ウサギですが、今年に入ってから喉に腫瘍が出来、先月にはピンポン球くらいの大きさに・・・

犬や猫で言えば17〜19歳くらいに相当する高齢ウサギ。
当然、全身麻酔はもう使えません。

幸い、皮下にのみ出来た腫瘍で、その下の筋肉組織とは繋がっていなかった為、局所麻酔のみで切除できました。

※腫瘍が大きくなるに伴い、周辺の皮膚が伸びたので、腫瘍を摘んで引っ張り切除が可能になった。

写真の右顎下で、少し茶色くなっている所が切除部分です。(消毒の跡)


高齢の割に元気ハツラツで、抗生物質を飲ませようとする度に咬みつかれそうです(笑)

体力がある分、傷口も綺麗で、今週末には抜糸できそうです。


あと何年、若しくは何ヶ月生きられるかわかりませんが、凛君よ、我が家の長寿記録を更新し続けてくださいな。
君の記録はいつもお世話になっている獣医師の記録でもあるのだよ。
ニックネーム 雷嵐 at 01:44| Comment(0) | その他の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月23日

お知らせとお願い

現在、数名の方からお問い合わせや躾の相談をお受けしております。

しかし、その中で返信をしてもエラーになったり、折り返しの連絡が無い事が多々あります。


お問い合わせの際には、

1.迷惑メール設定を解除して頂く

2.当方のアドレス(dog_house_rairan@yahoo.co.jp)を受信可の設定にして頂く

3.一度、携帯以外のアドレスから送信して頂く

4.お問い合わせから1週間経過しても返信が無い場合は、再度お問い合わせを頂くか、ブログへコメントを入れて頂く


お手数ですがお心当たりのある方は、再度ご連絡くださいますようお願い申し上げます。
ニックネーム 雷嵐 at 15:41| Comment(0) | その他の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月21日

行ってきましたッ

F1010091.jpgF1010090.jpgF1010092.jpgF1010094.jpgF1010096.jpg


愛知県大府市で開催されました『わんわんフェスティバルin大府・ウッドビレッジ』に参加してきましたッ!!

本当は開始前に現地入りして、設営を手伝うつもりでしたが・・・すみません、前日(というより当時?)深夜1時過ぎまで仕事だった上、乳飲み子の授乳で寝たのが4時過ぎ・・・
起きれなかったです(汗)


『1日宣伝隊長』として愛犬・狆の男の子、『チロ』隊員を導入し、集客率UPに貢献しました!
名札も着けてやる気満々!?

チロは先天性の緑内障により左目を摘出した為、碧眼ワンコです。
「何で片目なんですか?」
と質問に来た飼い主さんに、にゃんだーガードの宣伝もできました。


まぁ途中、くじ引きでGETしたオヤツに夢中になり、職務放棄もしましたが、結果オーライ・・・かな?


お越しくださいました皆様、ありがとうございましたm(_ _)m

参加したメンバーの皆様、チロの活躍に比べカスッカスな私で申し訳ないなぁと思いつつも、楽しませて頂きました。
ありがとうございました!

来月、にゃんだーの写真展が名古屋市の大須で開催されます。
是非お越しください(^o^)


尚、チロ隊員は帰宅後すぐに爆睡しております(笑)
ニックネーム 雷嵐 at 22:15| Comment(0) | その他の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月03日

虹の橋を渡りました

F1001757.jpgF1001211.jpg

愛犬、ウェルシュ・コーギー・ペンブロークの女の子『華(ハナ)』が8月1日早朝に虹の橋を渡りました。

推定年齢は最低でも10歳以上。
一般家庭の放棄犬ですが、繁殖させ仔犬を売っていたようでした。
保護当時の申告年齢は1歳半でしたが、役所に狂犬病予防接種の記録が残っていて、最低でも4歳と判明しました。



飼い主の内縁の妻に虐待されていたらしく、『家族内の女性が嫌い』という不思議な性格でした。
※来客にはお腹を見せて大歓迎するのに、私と母には時折威嚇してました。



少し前から腎臓機能が低下し、腎不全で亡くなりました。

う〜ん・・・同じく10歳を過ぎ、もともと心臓が悪く不整脈&痙攣発作持ちの愛犬ルイ(ラブラドール♀)の方が先で、それよりも高齢(14歳半)でフィラリア感染の後遺症で酷い不整脈があるビンカ(ラブラドール♀)の方が先に虹の橋を渡ると思っていました。


昔からお世話になっている獣医師も、華が先だったので驚いていました。

筋肉量が落ちてきているものの、食欲がほぼ落ちないビンカさん。
ルイとカノンが虹の橋を渡っても、猫叉ならぬ『犬叉』化して生きていそうです(笑)



夏場は腐敗が早いので、夕方には火葬場へ連れて行きました。

華、もう苦しくないからゆっくり休んでね。
ニックネーム 雷嵐 at 02:18| Comment(0) | その他の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする