2017年08月30日

新入りカメさん、その後

先日、後輩ちゃんが持ち込んだカメさん。

どこに入れるか悩んだ結果、アサリさんとの同居が決定しました〜♪


アサリ&アコ

↑上が新入り、下がアサリ



昨年仲間入りしたアサリより2歳くらい若いカメ、ムー。
ほぼ野生で育ったらしく活発、餌に執着、攻撃性など、孵化直後くらいのサイズから人に飼われているアサリはとにかくノンビリ屋で餌を食べるのが下手、など違いがありすぎてこれ以上の同居は無理だな〜と思っていました。

アサリの頭が傷だらけになったので、一先ずムーを別の水槽へ。

ムーとの同居生活で多頭飼いに慣れたアサリは、新入りをすんなり受け入れました。


新入りもアサリが何もしないので、同居3日目くらいからアサリを押し退けて餌を食べに来るように。
大丈夫そう♪



さて、新入りの名前は・・・

 アコ(ヤ貝のかき揚げ)に決定〜


カメの名前、最初に拾ったアカミミガメのアサリからこのシリーズが始まりました。
*元々は拾った日の誕生花『アサギリソウ』からアサリという名前になりました。

カメの餌容器に『アサリ』と書いていたら、兄がふざけて『アサリ汁の素』に書き換え、名前がいつの間にか『アサリ汁』になってしまいました(笑)


次に来た巨大アカミミガメは一時的に『大アサリ』と呼ばれましたが、またも兄が『バフンウニ』などと呼ぶのでそのまま『ウニ丼』に・・・


そのまた後から来たアカミミガメのオスは、メスと比べて甲羅が平たく潰れているようなので『ツブ貝握り』になり、クサガメのメスは黒茶色っぽい色合いなので『シジミの佃煮』に・・・(>w< )


昨年来たアカミミガメには普段食べない物を・・・ということで、『ムール貝のパエリア』。


6匹目になったらネタ切れの為、クックパッ●に協力を願い貝料理で検索。
美味しそうな『アコヤ貝のかき揚げ』を見付けて即決(笑)


アサリ、ウニ、ツブ、シジミ、ムー、アコと愉快な名前達の近況はボチボチしていきます。

ニックネーム 雷嵐 at 02:45| Comment(0) | その他の保護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月23日

増えた・・・!( ̄□ ̄;)

後輩のOちゃんから緊急の連絡が・・・
何事かと思ったら、


息子が義父母と出掛けた先でカメを拾ってきました!!



!!?Σ( ̄□ ̄;)?!!
マジ!?


発見場所は東山線『一社駅』近く。
周辺に池は無く、川からも距離があります。

Oちゃんも最近2人目が生まれたばかりで、カメを保護し続けるor飼う事は出来ず・・・

う〜ん・・・しょうがない、連れて来なさい!


という事で、カメさん増えました。


種類:ミシシッピアカミミガメ(ミドリガメ)

性別:メス

年齢:生後3〜6年程度(冬眠有個体なら5〜6年頃、冬眠無個体なら3〜4年頃)

大きさ:一般的な女性の手の平程度

その他:突いても威嚇せず、攻撃性皆無、近付いても首を引っ込めないなどの行動から、生まれて間もない頃から人の飼育下にあった個体だと思われます。
*野生種(または長く野生下にいた個体)だと威嚇したり噛み付いたりします。
1週間以上前から保護場所にいたとの情報もあります。



流石にカメさん6匹は水槽の場所がありませんので、元の飼い主探しと同時に、新しい飼い主も探そうと思います。
ニックネーム 雷嵐 at 02:19| Comment(0) | その他の保護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ちび猫さんその後

検討中だった方から家族に迎えたいとの返事を頂きましたので、無事にトライアルをスタートすることが出来ました!

希望者さんは10年来の付き合いがあり(というか元雇主w)、現在は長野県在住のKさん一家。

お互いよく知っている間柄なので、細かい手続きは一切省き、家族全員でお見合いをしに来たその日にレンタル飼育セットと一緒にお持ち帰りしていただきました。

お見合い前日に中央道の土砂崩れがあり、下道をひた走り・・・
帰りも途中から下道をひた走り・・・
お疲れ様でした。


実はこのKさん一家、農家さんなんです(笑)

農家に嫁いだ従姉妹が持ち込んだ子猫は、農家へお婿入りしましたw

レンタル品の返却は、基本希望者様自ら返却に来ていただくか発送していただくのですが、以前よりKさんの農園へ行きたいと言っていた我が母上の希望によりこちらから出向く事になりました。

母上はちび猫の家族が決まった上、Kさんの農園へ行く口実が出来たと大喜び・・・

近日中に正式譲渡のお知らせが出来ると思います。
ニックネーム 雷嵐 at 01:53| Comment(1) | 猫の保護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月12日

夏の楽しみ方−蛙編−  *苦手な方は閲覧注意!

三重県のとある山奥にある実家へ帰省した際、必ず行う楽しみの一つ。


こちらの方との共演です(笑)

アマガエル

そう、緑鮮やかな『アマガエル』さん。


名古屋では都市河川からウシガエルの声が聞こえても、田んぼの残る地域以外ではカエルの捕獲は容易ではありません。

昆虫、爬虫類、両生類を捕獲して遊んだ幼少時からこれらの生き物が好きで、大人になった今でも帰省の度に撮影すべく捕獲に勤しんでいます。


今回は帰省時期が中途半端で、ホタルには時期が遅く、カブトムシには早すぎ、カエルだけで断念。(探しに行く時間が無かったのも理由)


ただ撮るのでは面白くないので、カエルさんには申し訳ないですがチョコッと遊ばせていただきました。


それがこちら。

アマガエル

ガチャガチャにあった『コップのフチ子さん』よろしく、『カエルのフチ子さん』です(笑)
*捕獲したカエルはオスでしたが・・・


鳥やトカゲ、ウサギ、勿論カエルも、普段生きている状態では決してとることの無い姿勢をとらせると硬直して一時的に動けなくなる性質があります。(催眠術だとマジシャンなどがやっている事もあります。)


捕獲したカエルを、そ〜っと仰向けにしてから座らせる姿勢にするとあら不思議!

少しの間、座った姿勢で固まってしまいます。

その隙に・・・

アマガエル

いい顔ですね(笑)



お付き合いいただいたカエルさんには、元いた場所へお帰りいただきました。


もし、お子さんと田舎へお出掛けになり、カエルやトカゲを捕まえる事があれば、この様に写真を撮り自由研究にしてみても面白いかもしれませんね(^▽^)

トカゲは長細いのでバランスを取るのが大変ですが・・・
ニックネーム 雷嵐 at 01:05| Comment(4) | 雷嵐日記(のようなもの) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする