2016年01月28日

何か怪我が増えてる・・・

F1011045.jpg

ユリーの鼻に傷発見!


猫にちょっかい出して引っかかれたみたいです(笑)

時々、カノンにしつこく迫り、ガブッと反撃され、我が家の人間社会ルールと犬社会ルールを日々学んでいます。

ニックネーム 雷嵐 at 02:36| Comment(0) | 犬の保護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月06日

耳の傷、治療中です

F1011029.jpg


喧嘩か、どこかに引っ掛けたのか、ケガをした経緯は不明ですが、ユリーには引き取った時から右耳の先っぽに傷がありました。

かなり時間の経った傷で、頭を振ったり引っ掻いたりして瘡蓋が取れ出血・・・を繰り返した傷です。


以前預かりをした、激痩せプードルの『オーラ』もそうでしたが、痩せて栄養失調状態にあると末端まで血液(栄養)が行かず、傷がなくとも組織が壊死していく事があります。

その時の傷口とよく似ているので、ユリーの場合は小さな傷が治癒せずに周りの組織が壊死して広がった傷のようです。


引き取ってから2週間が経ちましたが、未だにポタポタと血が垂れている事もあります。



で、やっと何とか触れるところまで慣れてきたので、傷の治療を始めました。
※危なくて動物病院へ通うのも大変な為、治療はしていませんでした。


治療方法は簡単。
化膿止めとなる抗生物質の軟膏を傷口に塗り、絆創膏を貼るだけ(笑)
絆創膏を貼っても全く気にしないのでこの方法でいきます。

瘡蓋が出来ると、割れて剥がれた時に治りかけた組織を傷付けてしまう為、軟膏をこまめに塗り化膿と乾燥を防ぐと早く治ります。
※人間も同じ。


1週間もあれば綺麗に新しい組織が出来ると思います。



注意!!
写真ではユリーの喉から顎へかけて手を添えていますが、寝込みを襲っているから大人しいだけであり、起きている時に触ろうとすると威嚇されます。
ニックネーム 雷嵐 at 01:06| Comment(0) | 犬の保護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする