2017年11月12日

ガウ犬『コロ』の変化

怪獣になりましたwww

イタズラ犯

イタズラ犯

イタズラ犯


冗談はさておき、こんな事が出来るまで噛み癖は改善されています。


引き取った当初は・・・
1. 座っている・寝ているコロの10cmくらい前に手を着く。
2. ケージ越しにティッシュや布をチラつかせる。
3. 少し離れた所の床を掃除する。
4. ケージ内のトイレシートを交換する。
5. 体を触る。
6. 首輪・胴輪・リードを付ける。
7. ケージに餌の食器を出し入れする。

等の行為全てに対して狂ったように襲い掛かって来ては、何度も何度も本気で噛みまくる状態でした。
ただ、何度も噛まれる前に取り押さえてしまうので、人間への被害は最小限です。
*決してコロが噛む行為で勝ち逃げした形にならないようにしました。

普通に犬を飼い、普通に暮らしている方には想像がつかない状況かもしれませんが、取り押さえると呼吸するのも忘れ、舌の色が紫色になる状態(チアノーゼ)になってまで怒り狂い向かって来るのです。

手が付けられない。

その一言でした。


日本犬のように主従関係に対する本能が強い犬種は、動きを押さえて後ろから抱き着いたり(マウンティングのまね)、一戦交えて床に捩じ伏せたりすると降参し服従してくるのですが、愛玩犬はこの本能が薄い個体が多く服従訓練がなかなか入りませんでした。


それでも気長に服従訓練を続け、更に人間の食事を食べていたらしくドッグフードを拒否するので食事改善も続け、ダイエットも平行して行ってきました。


大切な事は決して攻撃に怯まない事、嫌な事に対する攻撃を受けても決してやめない事です。
噛み付けば全て自分の自由になると覚えてしまったものを一切妥協せずに覆すこと。

そのうち嫌な事を我慢するようになってきます。

そうなってきたらこちらも本領発揮。
とことん嫌がる事をやり続けます。

足を引っ張ったり、肉球の間をニギニギ触ったり、お尻を触ったり、体中の皮を引っ張ったり・・・

物凄く怒るので安全の為エリザベスカラーを装着しますが、最初のうちは装着自体が困難を極めていました。


そして現在1〜4の行為について、しっぽフリフリ近寄ってきて触ってアピールをするようになりました。
体を触る事が容易になったため、5〜7の行為も問題なくできるようになりました。

ただし、前足を触る、腹部以下をブラッシングする行為はまだ危険で、軽く噛み付きに来ます。
軽くといっても本気なのですが、以前のような狂った様子では無くなりました。

ティッシュを見ただけで噛み付きに来ていましたが、今ではティッシュを使い目の下の汚れを拭き取ることが出来ます。

驚いたのは散歩ついでに病院へ行き体重を測ってもらった時のこと、何気なく院長が素手でコロの唇を持ち上げて歯を確認・・・

わわっ!院長危ないよ!!!

絶対噛まれると思ったのですが、平然としているコロにこちらが驚きました。
*この院長はガウ犬に慣れていて『噛む』と伝えても躊躇しません。

コロ

完全に噛まなくなった訳ではありませんが、トリミング以外は日常生活に支障がない程度に改善しました。
歯磨きも出来ちゃいます。

散歩の後の足拭きも、抱き上げて素早くササッと拭く事は出来ます。
念入りに拭くならエリザベスカラー装着がお勧め。
散歩も終始ご機嫌で1〜2km歩きます。

コロ


問題があった偏食について、こんな物を盗み食いするくらい食いしん坊に・・・

イタズラ犯

はいピーマンです(笑)

なんか静かにしてるなぁと思ったら、勝手に食べてましたw
生の白菜も食べちゃいます。(洗ってちぎっただけの物)
トマトも柑橘類も食べます。(絶対ボス犬『ルイ』の影響)



小さなお子さんのいるご家庭には不向きですが、中高生以上の大人が中心のご家庭なら問題ないほどになっています。
*トリミングはガウ犬もOKと言ってくださるプロに任せた方がいいと思います。

今年で4歳とまだ若いコロの、新しい家族を募集しています。

ニックネーム 雷嵐 at 01:40| Comment(1) | 犬の保護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月01日

ちょっとしたご縁で・・・

増えました。

アルビノ

アルビノ


こちらのお方。


玩具みたいですが、正真正銘生きた亀さんです。

しかもこれ、ミシシッピアカミミガメだったりします。

え?緑じゃない?アカミミが無い?

そうなのです。
所謂『アルビノ』と呼ばれるメラミン色素欠乏の個体です。

アルビノ

エイリアンみたいです。


まだ生まれたばかりの子亀なので、そろそろ冬眠に入ってきたアサリ達とは別にして、室内水槽で過温飼育しています。


名前は・・・

アルビノ・・・
アワビノ・・・
アワビの!!

という事で、 『アワビ(の酒蒸し)』 に決定!!


2〜3年は室内で過温飼育して、人慣れしてきたらアサリ達とご対面の予定です。
ニックネーム 雷嵐 at 15:37| Comment(3) | 雷嵐日記(のようなもの) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月16日

恐いけど・・・

日々、寝たきりになっているカノンを踏ん付けては足を噛まれているユリー。

この記事を書いている横で、カノンの頭をベシベシ叩いて遊んでいます・・・(* ̄∇ ̄*)
当然、途中で噛まれて悲鳴をあげながら逃げていくのですが、それでもカノンの側にいたいようです。


image/2017-09-12T01:50:54-1.jpg


image/2017-09-12T01:50:54-2.jpg


眠くなるとカノンのお腹を枕にして眠ってしまいます。

*この位置だとカノンは噛み付けない。



恐いけど、カノンが好きなユリーです。
ニックネーム 雷嵐 at 09:17| Comment(1) | 犬の保護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月11日

ご支援ありがとうございます!

大阪にお住まいのM様より、カメ達へとフードを沢山頂きました。

image/2017-09-11T01:02:25-1.jpg

頂いたオヤツに喰い付くムー



image/2017-09-11T01:02:25-3.jpg

シジミ



image/2017-09-11T01:02:25-2.jpg

アサリ

食べるのが遅く下手だと思ったら、90度首をひねり目を閉じています。
それじゃあ狙いが定まらないでしょう?
おバカなカメさんです。



image/2017-09-11T01:12:59-1.jpg

『もっとくれ〜』と必死で訴えるムー。



image/2017-09-11T01:12:59-2.jpg

必死で首を伸ばすシジミ。



image/2017-09-11T01:12:59-3.jpg

アサリが2〜3粒のフードを食べる間に、アコが半分くらい食べ尽くします(笑)



カメラを向けると逃げていくウニとツブも、頂いたフードとオヤツをバクバクたべていました。


M様、ご支援くださりありがとうございました!
冬眠に向けて太らせていきますね。
ニックネーム 雷嵐 at 01:27| Comment(0) | 保護活動に対する支援について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月30日

新入りカメさん、その後

先日、後輩ちゃんが持ち込んだカメさん。

どこに入れるか悩んだ結果、アサリさんとの同居が決定しました〜♪


アサリ&アコ

↑上が新入り、下がアサリ



昨年仲間入りしたアサリより2歳くらい若いカメ、ムー。
ほぼ野生で育ったらしく活発、餌に執着、攻撃性など、孵化直後くらいのサイズから人に飼われているアサリはとにかくノンビリ屋で餌を食べるのが下手、など違いがありすぎてこれ以上の同居は無理だな〜と思っていました。

アサリの頭が傷だらけになったので、一先ずムーを別の水槽へ。

ムーとの同居生活で多頭飼いに慣れたアサリは、新入りをすんなり受け入れました。


新入りもアサリが何もしないので、同居3日目くらいからアサリを押し退けて餌を食べに来るように。
大丈夫そう♪



さて、新入りの名前は・・・

 アコ(ヤ貝のかき揚げ)に決定〜


カメの名前、最初に拾ったアカミミガメのアサリからこのシリーズが始まりました。
*元々は拾った日の誕生花『アサギリソウ』からアサリという名前になりました。

カメの餌容器に『アサリ』と書いていたら、兄がふざけて『アサリ汁の素』に書き換え、名前がいつの間にか『アサリ汁』になってしまいました(笑)


次に来た巨大アカミミガメは一時的に『大アサリ』と呼ばれましたが、またも兄が『バフンウニ』などと呼ぶのでそのまま『ウニ丼』に・・・


そのまた後から来たアカミミガメのオスは、メスと比べて甲羅が平たく潰れているようなので『ツブ貝握り』になり、クサガメのメスは黒茶色っぽい色合いなので『シジミの佃煮』に・・・(>w< )


昨年来たアカミミガメには普段食べない物を・・・ということで、『ムール貝のパエリア』。


6匹目になったらネタ切れの為、クックパッ●に協力を願い貝料理で検索。
美味しそうな『アコヤ貝のかき揚げ』を見付けて即決(笑)


アサリ、ウニ、ツブ、シジミ、ムー、アコと愉快な名前達の近況はボチボチしていきます。
ニックネーム 雷嵐 at 02:45| Comment(0) | その他の保護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月23日

増えた・・・!( ̄□ ̄;)

後輩のOちゃんから緊急の連絡が・・・
何事かと思ったら、


息子が義父母と出掛けた先でカメを拾ってきました!!



!!?Σ( ̄□ ̄;)?!!
マジ!?


発見場所は東山線『一社駅』近く。
周辺に池は無く、川からも距離があります。

Oちゃんも最近2人目が生まれたばかりで、カメを保護し続けるor飼う事は出来ず・・・

う〜ん・・・しょうがない、連れて来なさい!


という事で、カメさん増えました。


種類:ミシシッピアカミミガメ(ミドリガメ)

性別:メス

年齢:生後3〜6年程度(冬眠有個体なら5〜6年頃、冬眠無個体なら3〜4年頃)

大きさ:一般的な女性の手の平程度

その他:突いても威嚇せず、攻撃性皆無、近付いても首を引っ込めないなどの行動から、生まれて間もない頃から人の飼育下にあった個体だと思われます。
*野生種(または長く野生下にいた個体)だと威嚇したり噛み付いたりします。
1週間以上前から保護場所にいたとの情報もあります。



流石にカメさん6匹は水槽の場所がありませんので、元の飼い主探しと同時に、新しい飼い主も探そうと思います。
ニックネーム 雷嵐 at 02:19| Comment(0) | その他の保護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ちび猫さんその後

検討中だった方から家族に迎えたいとの返事を頂きましたので、無事にトライアルをスタートすることが出来ました!

希望者さんは10年来の付き合いがあり(というか元雇主w)、現在は長野県在住のKさん一家。

お互いよく知っている間柄なので、細かい手続きは一切省き、家族全員でお見合いをしに来たその日にレンタル飼育セットと一緒にお持ち帰りしていただきました。

お見合い前日に中央道の土砂崩れがあり、下道をひた走り・・・
帰りも途中から下道をひた走り・・・
お疲れ様でした。


実はこのKさん一家、農家さんなんです(笑)

農家に嫁いだ従姉妹が持ち込んだ子猫は、農家へお婿入りしましたw

レンタル品の返却は、基本希望者様自ら返却に来ていただくか発送していただくのですが、以前よりKさんの農園へ行きたいと言っていた我が母上の希望によりこちらから出向く事になりました。

母上はちび猫の家族が決まった上、Kさんの農園へ行く口実が出来たと大喜び・・・

近日中に正式譲渡のお知らせが出来ると思います。
ニックネーム 雷嵐 at 01:53| Comment(1) | 猫の保護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月12日

夏の楽しみ方−蛙編−  *苦手な方は閲覧注意!

三重県のとある山奥にある実家へ帰省した際、必ず行う楽しみの一つ。


こちらの方との共演です(笑)

アマガエル

そう、緑鮮やかな『アマガエル』さん。


名古屋では都市河川からウシガエルの声が聞こえても、田んぼの残る地域以外ではカエルの捕獲は容易ではありません。

昆虫、爬虫類、両生類を捕獲して遊んだ幼少時からこれらの生き物が好きで、大人になった今でも帰省の度に撮影すべく捕獲に勤しんでいます。


今回は帰省時期が中途半端で、ホタルには時期が遅く、カブトムシには早すぎ、カエルだけで断念。(探しに行く時間が無かったのも理由)


ただ撮るのでは面白くないので、カエルさんには申し訳ないですがチョコッと遊ばせていただきました。


それがこちら。

アマガエル

ガチャガチャにあった『コップのフチ子さん』よろしく、『カエルのフチ子さん』です(笑)
*捕獲したカエルはオスでしたが・・・


鳥やトカゲ、ウサギ、勿論カエルも、普段生きている状態では決してとることの無い姿勢をとらせると硬直して一時的に動けなくなる性質があります。(催眠術だとマジシャンなどがやっている事もあります。)


捕獲したカエルを、そ〜っと仰向けにしてから座らせる姿勢にするとあら不思議!

少しの間、座った姿勢で固まってしまいます。

その隙に・・・

アマガエル

いい顔ですね(笑)



お付き合いいただいたカエルさんには、元いた場所へお帰りいただきました。


もし、お子さんと田舎へお出掛けになり、カエルやトカゲを捕まえる事があれば、この様に写真を撮り自由研究にしてみても面白いかもしれませんね(^▽^)

トカゲは長細いのでバランスを取るのが大変ですが・・・
ニックネーム 雷嵐 at 01:05| Comment(4) | 雷嵐日記(のようなもの) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月14日

ちび猫さん

先月、従姉妹の車のボンネットから出てきた子猫、掲載前から数件問い合わせがありネットでの募集は保留にしていました。

まだ検討中の方もいるため里親募集は見送っていますが、こんな感じの猫です。

子猫

仮名は考えることを放棄し『ちび猫』です(汗)

とにかく活発で、ちっともじっとしていないオス。
ラグドール風のブルーアイ、シールポイント(毛色)。
足はデカく尻尾は真っすぐ長めですが先端に骨折(骨と骨の間が外れるように骨折)があり、成長期なので自然治癒を期待してテーピングで固定中。

保護直後は焼けたアスファルトを歩いたためか肉球に多少の火傷があり、周辺を畑に囲まれた場所にいたためノミ・ダニ付きでした。


ノミ・ダニ駆除済み
腸内寄生虫駆除済み
混合ワクチン近日接種予定
未去勢(9月末〜10月中旬頃予定)
シャンプー済み


他の猫を怖がらず、犬も平気で大型犬にすら向かって行き遊び相手にしてしまいます。(当然返り討ち)


大型の猫に成長しそうですが、ボチボチ里親募集を始める予定です。
*現在検討中の方に決まる場合もありますのでご了承ください。


*これまでに検討し、決定しなかった理由はどなたもこだわりが強かったためで、子猫の性格が原因ではありません。(メスが良かった、鼻はピンクがいい等)
ニックネーム 雷嵐 at 00:09| Comment(3) | 猫の保護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月03日

子猫が来ます

数日前、従姉妹から突然電話が・・・

『スーパーで買い物してたら車から子猫の声がする!!』

どこかで聞いたことある台詞・・・


悪戦苦闘の末ボンネットの中から子猫を引っ張り出し、数日の間は一緒に格闘してくれたスーパーの方が預かっていたとか。

従姉妹は農家へ嫁に行き、子供が生まれたばかり。
結局、行き先が決まらず我が家に連絡が入りました。



性別、月齢、色など不明で医療チェックもこれからです。
ボンネットへ潜り込めるなら生後1ヶ月半以降なのは間違いなく、野良猫だとすると2〜3ヶ月頃な予想。



検疫、駆虫、医療措置後、人馴れ犬馴れさせたら里親募集を始めようと思います。
ニックネーム 雷嵐 at 02:06| Comment(0) | 猫の保護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする